<cite id="5fxx7"></cite>
<var id="5fxx7"><strike id="5fxx7"></strike></var>
<var id="5fxx7"></var>
<cite id="5fxx7"></cite><var id="5fxx7"></var>
<var id="5fxx7"><strike id="5fxx7"></strike></var><var id="5fxx7"></var><var id="5fxx7"><video id="5fxx7"></video></var>
<var id="5fxx7"><dl id="5fxx7"></dl></var>
<var id="5fxx7"><strike id="5fxx7"><listing id="5fxx7"></listing></strike></var>
<menuitem id="5fxx7"><strike id="5fxx7"></strike></menuitem>
<menuitem id="5fxx7"><strike id="5fxx7"></strike></menuitem>
<cite id="5fxx7"><video id="5fxx7"><thead id="5fxx7"></thead></video></cite>
開発の経緯

開発の経緯

?。茫鹿しà掀匠桑的?、愛知工業大學と大阪府産業技術総合研究所の共同研究の成果として開発されました。
平成7年の阪神淡路大震災による圧接の品質に疑問が生じたこともあり、関西を中心に鋼板裏當ての鉄筋溶接継手が急増しました。
大阪府は鋼鈑裏當ての鉄筋溶接継手は外観検査が不可能なので、不良溶接の溫床になる可能性を危懼していました。
その後、CB工法協會と愛知工業大學(※1)は、外観検査が可能なCB工法の普及に努めてきました。
現在では、最も信頼性が高く、施工能率の良い鉄筋溶接継手として広く使用されています。
 また、平成27年4月1日より任意団體であったCB 工法協會は一般社団法人CB工法協會としてより充実した形で再出発しました。

愛知工業大學 総合技術研究所

※1?。茫鹿しà祥_発當初より、愛知工業大學工學部建築學科尾形素臣研究室で開発研究を行ってきました。
平成17年より愛知工業大學総合技術研究所に技術開発と品質管理の拠點を設けておりましたが、
會長である尾形素臣の愛知工業大學退職を機に、平成24年度より現在の住所に拠點を移して活動を行っております。

※閲覧にはAdobe Readerが必要です。右のバナーよりダウンロードしてください。(無料)

日本道AV无码无卡免费_日日橹狠狠爱欧美视频_亚洲男人的天堂在线播放_人与动人物Av片欧美